ステンドグラス ワークショップ

りすの家 ステンドグラスワークショップのご案内

日時:2022年5月3日(火) 午前10時~午後3時(制作時間約1時間~2時間)  
場所:工房りすの家  那珂川町馬頭365
料金:1,500円
内容:ステンドグラスで使用する色ガラスの破片を組み合わせて、小物(一輪挿しやオーナメントなど)の制作ができるステンドグラス体験ワークショップです。

[会場地図]

「ふたりのあいだ」展 

< 期間中、入館の方はカフェのドリンク50円引きになります >


もうひとつの美術館では、企画展「ふたりのあいだ」を開催しています。
創作活動をそれぞれに行う“ふたり”の間にある表現の機微を感じながら楽しんでいただければ幸いです。

開館時間:10時〜17時(ただし入館は16時30分まで)。
入館料:大人900円、大学生・70歳以上600円、小中高生・障害者・重度の方付き添い450円、障害のある小中高生300円
花の風まつり期間中は、5月2日(月)のみ休館となります。

花の風まつり期間中に入館いただいた方は、カフェでのドリンク利用が50円引きとなります。(注文の際に、入館チケットをご提示ください。)
展覧会を楽しんだ後はカフェで飲み物を飲みながら、ゆっくりと美術館でのひと時を楽しんでいってください。
ドリンクはテイクアウトもできますので、移動のお供にもどうぞ。

もうひとつの美術館の最新の情報は、
Facebookページ( https://www.facebook.com/mobmuseum2001 )
または
instagram(@mob_museum https://www.instagram.com/mob_museum/)
でも発信しています。

皆様のご来館をお待ちしております。

====================================
「ふたりのあいだ」

表現することを選んだ二人。その関係は親子?それとも夫婦?
-反発したり、共感したり、刺激を受けたり、何か影響を受け合っているのだろうか。
素材・やり方・向かう方向や創作への想いは、異なっているのか似通っているのか。
表現者となった七組の二人、それぞれの表現の機微を感じ取っていただければと思います。

■出展作家  
安藤榮作×長谷川浩子、岩本拓郎×浄土紀久子、鵜沢文明×塩谷直美、エサシトモコ×河本蓮大朗、清野隆×清野ミナ、田鶴濱洋一郎×田鶴濱守人、ひがしあきこ×東美名子

■展示期間  2022年3月11日[金] – 6月12日[日]

■開館時間  10:00〜17:00 (入場は16:30まで)
 及休館日  休館日は毎週月曜日(但し [祝月]は開館し、翌日は休館)

■展示場所  もうひとつの美術館
       〒324-0618栃木県那須郡那珂川町小口1181-2
       tel&fax:0287-92-8088
       Email:mob@nactv.ne.jp
       http://www.mobmuseum.org
[会場地図]

■主  催  認定特定非営利活動法人もうひとつの美術館

■協  力  ギャラリーバーン

■入場料   大人:900円、70歳以上・大学生:600円、小中高生・障害者・重度の方付添:450円、障害の有る小中高生:300円、団体20名以上:10%割引(要予約)

====================================

第20回花の風まつり記念Tシャツ

那珂川の風Tシャツ
那珂川と躍動する未来の那珂川町の風をイメージしました。

花の風Tシャツ
優しい里山、自然、生き物がみんな仲良く花の風まつり。
37枚の花びらの円相でみんなが手をつなぎ真ん中に住職さんの花の風の書で
楽しいまちづくりの願いを込めて作製しました。

那珂川町だけの地域限定のオリジナル商品です。今年は新しい10色カラーを提案いたします。

花の風まつり レディス・メンズファッションあらい

[会場地図]

第20回花の風まつり記念Tシャツ

花の風まつり 「6つの里(エリア)」とは?

何かやりたい町民有志が自主的に参加している「花の風まつり」は、町全体の広範囲に会場が散らばるので、広い那珂川町を6つの里(エリア)に分けて、ご案内をしてきました。

まほろばの地、川に生きてきた里、陶芸と里山の地、山ふところの町、産金の地、修験の地

那珂川町、と一口にいっても、暮らしや歴史、文化、自然環境もそれぞれです。

よそから訪れて下さるお客様が、開催者と話の花を咲かせ、風になって各エリアを楽しんでくだされば、と思います。

まちかど竹芸展やります!

残念ながら花の風まつりはお休みになりましたが、那珂川町竹芸会はそっと展示会を開きます。文化活動が止まってしまうのはよくない、という思いから、あまり宣伝はしないけれどひっそりと展覧会を開き、町の方々に楽しんでいただきたいのです。コロナ対策は万全にしております。どうぞおいでください。例年通り即売品も多数用意しました。

展示即売会

チラシ一覧

2020年花の風まつり活動が始まりました

            *↑のコメントもクリックして読んでくださいね!!

第18回花の風まつりの活動が開始しました。  

本日2月6日、花風「やっぺ会」が乾徳寺さんで開かれました。約25名のかたがあつまり、花の風まつりの始まりや考え方が確認され、昨年の報告や課題などが話し合われました。集まりは事前と事後の2回だけ。それでも18回目を迎えることができました。

☆会で配布された資料から抜粋します。

花の風まつりの始まり

Kさん、Oさん、Hさんのお茶会の雑談で、「町で楽しいこと、元気になるようなことができないか」「人のつながりがあって、未来に末広がりになるものはないか」「自分が主役になり、やる人も来た人も楽しくなるような催しを」という話が出て、始まりました。5月にはいろいろな祭りがあり、3つの美術館、由緒ある神社仏閣、温泉郷、小砂焼、美味しい食べ物、自然の豊かさ等いいところがたくさんある。それらも一緒にしては。よしヤッペ!これが花の風まつりのスタート、やっぺ会のはじまりです。

花の風まつりの組織と進め方

・行政に頼らない ・PRとのぼり旗製作費用として、参加者に5000円 ・組織を作らない ・参加者が主役 ・参加は自由。催しは各自の責任と工夫で ・祭りの準備は参加者の協力で ・集まりは2回(準備会と反省会)

現在の課題

祭りの準備の参加者が固定化してきている。今後ホームページの展開が重要。だれか中心となる人がいないか

今後の予定

2月6日 準備会 ポスター配布 申し込み受付開始 

参加申し込みは2月いっぱい。申込書と参加費を観光協会に提出してください。

4月8日(水) のぼり旗製作日 9時 小川公民館 チラシ、日程表配布

4月24日(金) 三角旗等293,294号線に設置 9時 乾徳寺集合

4月29日~5月5日 花の風まつり期間

5月7日(木) 三角旗回収し乾徳寺へ

5月29日(金) 反省会 10時  乾徳寺 (経費の関係上事前の通知なし)

参加者の皆さんへ

1.ポスターは2月7日から観光協会に置きますので、必要部数を各自取りに行ってください。

2.チラシ、日程表は4月9日から観光協会に置きますので必要部数を取りに行ってください。

3.のぼり旗(三角旗)は4月10日から乾徳寺本堂前に置きます。必要な方は取りに行ってください。各自で開催前に設置し、終了後は保管をお願いします。

4.(1)三角旗製作を4月8日(水)午前9時から小川公民館でおこないます。絵の具を使いますので汚れてもよい服装で参加してください。

(2)町内三角旗設置は4月24日(金)午前9時に乾徳寺に集合してください。軽トラックのあるかたは軽トラックでの参加をお願いします。

DSC_2586
DSC_2587

☆このホームページに、参加者のニュース、途中経過や会場の様子などを投稿して、ここでも盛り上げていきましょう!